東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、対応の遺体搬送会社!料金費用は最安値!全国長距離移送も可能!

死亡後の手続き!優先順位チェックリスト!葬儀や家族葬で失敗しないために!

  • HOME »
  • 死亡後の手続き!優先順位チェックリスト!葬儀や家族葬で失敗しないために!

死亡後の手続き!

優先順位チェックリスト!

葬儀や家族葬で失敗しないために!

Sponsord Link

 

お身内がお亡くなりになったあとの手続き、経験したことがある人はわかると思いますが、精神的に大変な状況の時に、様々な準備や手続きをしなければならないというのは、簡単なことではありません。

 

まず何をしなければならないのか・・・

失敗しないためにも、優先順位を考えながら、確認していきましょう。

 

まず大事なのは葬儀の準備!

まず、やらなければならない一番大事なことは葬儀の準備です。

お身内がお亡くなりになったあと、必ず一番最初に行わなければならないことだからです。

 

ここで、つまづくと、すべてうまくいかなくなる可能性もありますので注意しましょう。

 

葬儀の高額トラブルに要注意!

まず最初に葬儀の準備が大切といいましたが・・・

それは一番最初に行わなければならない事だからという理由と、もう一つ大きな理由があります。

 

それは、高額なトラブルが多いからです。

葬儀の準備をほとんど何もしなかったことによる葬儀の高額トラブルが多いのです。

 

だからこそ、葬儀の準備は一番大切なのです。

 

その他の手続きは葬儀や家族葬の後で大丈夫!

死亡後の各種手続きは、ほとんどの場合で、それなりの猶予があります。

亡くなったから、すぐに手続きしなければならない、ということはほとんどありません。

 

死亡届の提出など、葬儀を行うにあたっての必要な手続きは、葬儀社がだいたいの場合、代理で済ませてくれます。

 

なので、葬儀以外の死亡後の手続きは、葬儀後でも十分に時間がありますので大丈夫です。

死亡後に行わなかればならない事で、一番失敗が目立つのは葬儀や家族葬なのです。

その原因の大きな理由は、やはり時間がないからなのです。

 

だから、お身内が亡くなった後は、まず葬儀が安くて素晴らしいものになるように、準備していきましょう。

高額な葬儀は本当にビックリするくらい高額になるので、十分に注意しましょう。

 

優先順位は?

結論として、優先順位は・・・

①葬儀や家族葬の準備

②葬儀や家族葬の準備

③葬儀や家族葬の準備

 

結論、優先順位は葬儀や家族葬の準備です。

他のことで、大事なこともありますが、それらは葬儀が終わってからでも間に合うのです。

 

だから、最優先事項は葬儀や家族葬の準備なのです。

葬儀の準備もやり方を間違えると、準備をしていないのと同じような結果になってしまいます。

 

葬儀にはなぜ高い安いがあるの?

葬儀や家族葬には、なぜ極端な高い安いがあるのでしょうか?

実は・・・聞けばナットクの理由があるのです。

 

現代社会の葬儀や家族葬は、2つの葬儀が混在しているのです。

 

①昔ながらの高額な葬儀

②低価格なネット葬儀

 

この2つが混在しているからなのです。

 

①昔ながらの高額葬儀!

まず昔ながらの高額葬儀から、みていきましょう。

 

昔ながらの・・・というところがポイントです。

昔は、葬儀って全国どこでも、かなり高額だったのです。

 

低価格な葬儀は存在せず、ほとんどすべての葬儀社が高額だったのです。

だから、高額が当たり前であり、誰も高額なことに対して文句を言うこともなかったのです。

 

②低価格なネット葬儀!

次に低価格なネット葬儀について、みていきましょう。

一般的にネットの商品って安いですよね。

 

それは、なぜでしょうか?

その答えは、ネットだと、店舗もいらない、スタッフの人件費もいらない、光熱費もかからない、過度な広告宣伝費もかからない、、、、このように経費が圧倒的に下がるのです。

だから、安いんですね。

 

葬儀も例外ではないのです。

ネット葬儀でも経費を節約できるので、ネットの格安葬儀がまず最初に現れたのです。

 

そして、ネット葬儀も進化を始めました。

ネット葬儀が儲かると判断した、葬儀社ではない、ネットの集客が上手なネット会社が、葬儀をしたい人の集客を始めたのです。

つまり、ネット会社が葬儀を探しているお客様を集客して、葬儀社に紹介して紹介手数料をとるというビジネスです。

 

こういったネット会社が複数現れ、ネット葬儀ビジネスの勝者になりあがったのです。

そして、ネット会社同士でお客様の取り合い、低価格競争が始まったことで、葬儀費用は下がるところまで、とことん下がっていったのです。

 

葬儀社としては、安い葬儀を請け負わされるのですが、多数の紹介を受けるので、薄利多売ですが、なんとか成り立つのです。

 

安くて良い葬儀にするには・・・

では、安くて良い葬儀をするには、どうすればいいのでしょうか?

実は、とても簡単な方法があるのです。

 

さきほど説明した、ネット葬儀で勝者になった大手ネット会社の葬儀社紹介サイトを利用すればよいのです。

事前に準備をすることで、高額葬儀を回避することができるのです。

 

誰でも簡単に安くて良い葬儀が準備できるので、爆発的に増えているのです。

ぜひ、ご確認ください。

すでに、実績や経験も申し分ないので、今後は、全員がこのタイプの葬儀になるのではないかと、思ってしまっています。

 

以下に、私の方で調べた選りすぐりの安くて優秀な葬儀社をご紹介します。

→日本で最安値級!格安で優良な葬儀社!

 

葬儀の準備ができなかった場合は・・・

葬儀の準備が重要なのは、本当によくわかりました・・・

だけど、急な場合や、どうしても準備ができなかった場合だってあるでしょう。

 

そのような場合は、高額な葬儀になっても仕方がないのでしょうか?

いや、そのような場合でも、低価格で優秀な葬儀をする方法はあります。

 

まず、最初に、葬儀の準備をしていなかったので、よく失敗するケースをみてみましょう。

失敗するケースで共通なのは、適当に葬儀社を選ぶことです。

 

気が動転してしまい適当な葬儀社を選ぶ!

お身内がお亡くなりなって、葬儀の手配をしなければならない場所は、ほとんどの場合で、病院や警察、または高齢者施設です。

病院や警察は、特にそうなのですが、なるべく早くご遺体を移動するよう、葬儀社の手配を求められます。

 

一見、なんて病院や警察は冷たいんだ・・・と思われるかもしれませんが・・・

 

これは、致し方ないとも言えるのです。

病院や警察は、ご遺体の安置所ではなく、次に対応しなければならない人々が大勢待っている施設だからです。

なので、病院や警察は冷たい、とも言えないのです。

 

ですが、お身内が亡くなり気が動転しているような状況で、病院や警察に、早く葬儀社を決めてください、と言われれば、事前に何も調べていなければ、ネットや近所で見たことのある葬儀社に適当に依頼してしまうことがあるのも、やむを得ないとも言えるでしょう。

 

しかし、これが、まさに高額葬儀の入り口なのです。

 

適当に葬儀社を選んだ結果は・・・

では適当に葬儀社を選ぶとどうなるのでしょうか・・・?

結論としては、高額になる可能性が高くなります。

 

それはなぜでしょうか・・・

まず一つ目の理由としては、事前に見積りなどをとっていないからです。

事前に見積りをとっていれば、他社と比較できますし、葬儀社としても比較されるのをわかっているので安くなる傾向があるのです。

 

次の理由は・・・

適当に葬儀社を選ぶということは、事前に葬儀について調べていないので、何もわからない状態ですよね。

 

すると、だいたい葬儀の内容は葬儀社にお任せになります。

葬儀社にお任せになれば、葬儀社主導で話がすすみ、言い値で葬儀が決まってしまうことが多いのです。

だから高額になる可能性が高まるわけです。

 

葬儀社を冷静に決定する時間が必要

安くて優秀な葬儀社に依頼するためには・・・・

葬儀社を冷静に決定する時間が必要です。

 

では葬儀社を冷静に決定する時間を得るためには、どうしたらいいのか?

 

①事前に葬儀社を決めておく

②葬儀社を決める前にご遺体の搬送だけを行う

 

当たり前ですが、葬儀社を事前に決めるのであれば、葬儀社を冷静に決定する時間がありますよね。

問題なのは、葬儀社を事前に決めていない場合です。

 

ぜひ、以下の方法をご確認ください。

 

ご遺体の搬送だけを依頼する!

もしもの場合に、葬儀社が決まっていなくても、冷静に安くて良い葬儀社を選ぶ方法とは・・・

ご遺体の搬送だけを最初に行えばいいのです。

 

以下に、国土交通省公認の低価格で安心の遺体搬送会社をご紹介します。

 

葬儀社を決めるのは、ご遺体の搬送、ご安置後でも十分に間に合いますので、ご安心ください。

 

 

(Visited 8 times, 1 visits today)

Sponsord Link

総合コールセンター  お気軽にお問い合わせください TEL 0120-81-9494(フリーダイヤル) 受付時間 24時間年中無休

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 安心ネット寝台 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.