湯灌師による古式湯灌や浴槽湯灌、お化粧によるラストメイクについて

古式湯灌や浴槽湯灌、お化粧によるラストメイクについて

Sponsord Link

湯灌とは

葬儀の前の納棺(納棺とはご遺体を棺に納めること)に先立ちご遺体を洗うこと。 洗う事を清拭と言います。故人が男性の場合には髭を剃り、女性の場合はお化粧をすること。 また、地域差はありますが洗髪、復顔(生前の顔に近づける処置)、すること。 末期の水を行うこと。
これらの納棺以外の処置全てをひっくるめて湯灌と言います。
看護師による簡易的な清拭は「エンジェル・サービス」と呼ばれ、 体を拭いてくれますが、湯灌師さんの処置と比べると、当然の事ながら差は出ます。

湯灌の種類

●古式湯灌
①全身清拭
②洗髪
③メイク(男性の場合はヒゲそりなど)
④復顔
⑤お着替え
⑥末期の水

●浴槽による湯灌
①浴槽による全身清拭
②洗髪
③メイク(男性の場合はヒゲそりなど)
④復顔
⑤お着替え
⑥末期の水

湯灌は省略し、お化粧だけ行うラストメイクという処置だけの場合もありますが、
その場合も湯灌師さんに依頼するケースが多いようです。

 

もしもの場合!まずは低価格の搬送会社に連絡を!

もしもの時には、まず低価格の搬送会社にご連絡してください。

直で葬儀社に連絡すると、葬儀も依頼する事になるのがほとんどです。

費用が高かったり、搬送の感じが悪かったりしても、後悔する人が多いです。


 

葬儀社の決定はご遺体の安置後でも十分に間に合います。

格安で良心的な葬儀社です。ご参考にしてください。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 56 times, 1 visits today)

Sponsord Link