警察署にも安置室があります。

 

安置室

Sponsord Link

 

警察署の安置室の場合、ご遺族様、ご親戚様は安置室には入室

しない場合が多いです。

 

警察署の安置室は入室禁止なの?

警察署の安置室は、検死などの検査が行われるため、特殊な状況

になっています。

 

あくまでも警察の業務が優先であり、ご遺族が故人に対して、線香

などで供養する場所としては考えてれらておりませんので、基本的

にはご遺族は安置室に入室しません。

 

しかし、身元確認やご希望によっては、入室する事も可能です。

 

検死が終了したらご遺体を移動!

警察の検死が終了して、事件性もなく解剖などの必要がないと

判断された場合、ご遺体がご遺族の元へ引き渡されます。

 

この後は、ご遺体を搬送しなければなりませんので、葬儀社

またはご遺体搬送会社を、手配しなければなりません。

 

葬儀社や搬送会社など、心当たりがない場合は、警察の紹介を

受ける事もできますが、その場合、葬儀社任せになり、費用な

どが高くなる場合があるので注意が必要です。

 

ご遺体の安置場所を決定!

ご遺体を警察の霊安室からご移動させる場合、ご移動の安置先

を決定しなければなりません。

 

ご自宅でも大丈夫ですし、ご自宅が難しければ、民間のご遺体

安置場もあります。

 

高額のご遺体搬送会社には注意が必要です

 

まず最初はご遺体の搬送とご安置を行いましょう。

以下に格安のご遺体搬送専門の会社をご紹介します。

 

ご遺体の搬送、ご安置後に葬儀社を検討してもぜんぜん、大丈夫です。

ご遺体をご安置後は、ぼったくりの高額葬儀社に注意しましょう。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 142 times, 1 visits today)

Sponsord Link