ご遺体安置所の安置日数は何日まで可能なのでしょうか?

 

遺体安置所ホテル

Sponsord Link

 

遺体安置所の日数についてまとめました。

 

何日でも可能

ご遺体の安置に関しては、何日でも可能です。

 

基本的には葬儀の日程や火葬の日程が決まれば、火葬されて

お骨になりますので、その日程までと言う事になります。

 

火葬や葬儀の日程が、様々なご事情によりかなりの日数が

空く場合や、ご遺体の腐敗防止などの衛生状況さえ問題なけ

れば、何日でもご安置可能なのです。

 

エンバーミングで日数をのばせる

エンバーミングというご遺体の腐敗防止処置がございます。

 

人間の血液に薬液を注入する事により、ご遺体の腐敗を効果的

に抑制します。

 

海外で亡くなられた方など、母国に戻るまでの移送時間など時間

がかかる場合に、エンバーミングを行う事が多いです。

 

欧米諸国においてはお亡くなりになると、エンバーミングが、

一般的になっているようです。

 

日本ではエンバーミングを実施すると15万円ほどかかる可能性も

ある事から、なかなか一般的には浸透しません。

 

ではエンバーミングを行うと、ご遺体はどれくらい腐敗しないので

しょうか?

 

一般的には、2~3週間と言われています。

 

私の見解では、1ヶ月ほど大丈夫かと思いますが、ご遺体の状況や、

体質の問題で、必ずしもと言えない事から、2、3週間と言われてい

るようです。

 

もしもの時は格安のご遺体搬送と家族葬

ご遺体搬送は高額の会社がありますので、注意が必要です。

 

また葬儀社に依頼すると、葬儀も依頼せざるおえない状況になりますよね。

 

まずはご遺体搬送だけ可能な格安の搬送会社にするのも1つの方法です。

葬儀社の決定はご遺体の安置後でも問題ありません。


 

ご遺体の安置後は葬儀社を決定しましょう。

高額なうえ不親切な葬儀社にだまされないように、以下を参考にしてください。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

 

(Visited 54 times, 1 visits today)

Sponsord Link