ご遺体を安置する時に室温でも大丈夫なのか確認して

いきましょう。

 

室温

Sponsord Link

 

室温とはいえ温度によりますね。

 

一般的な室温

一般的に室温と言ったら何度でしょうか?

 

通常、家族が過ごす室温を考えたら、20度くらいはないと

寒くてしょうがないと思います。

 

ですが20度ですと、ご遺体の安置としては適切ではあり

ません。

 

室温が20度であればご遺体は腐敗していきます。

 

適切な温度は

ご遺体を保管する冷蔵室は、だいたい0度から3度くらいです。

 

これぐらいの温度であれば、ご遺体を保管して安置する事が

できます。

 

ドライアイス

ご遺体を安置する場合は、遺体のお身体にドライアイスをあて

させていただきます。

 

遺体は内臓から腐敗していきますので、ドライアイスはお腹や

胸の上に置いていきます。

 

ドライアイスを設置していれば、質問がある程度、高くても

ご遺体を保管する事は可能です。

 

しかし、室温が暑ければ暑いほど、ドライアイスはすぐに溶け

てしまいますので、注意・管理が必要となります。

 

もしもの時は格安のご遺体搬送と家族葬

ももの時のご遺体搬送は格安の搬送会社がよいでしょう。

 

葬儀社に依頼すると葬儀も依頼せざるおえなくなります。

まずはご遺体搬送だけ行い、そのあと葬儀社を検討する事も可能です。


 

ご遺体を安置した後は葬儀社を検討しましょう。

格安な葬儀と葬儀場をお探しの方は以下のページを参考にしてください。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 65 times, 1 visits today)

Sponsord Link