ご遺体の安置所での保存方法や温度は何度くらいなので

しょうか?

 

室温と温度

Sponsord Link

 

これは、遺体安置所の設備によりますし、場合によって

異なります。

 

遺体安置所の冷蔵庫

冷蔵庫が設備されている安置所があります。

 

一般的にはお棺にご遺体をお納めしてからの、ご安置を想定して、

お棺の少し大きいくらいのサイズの冷蔵庫が一般的です。

 

温度は、1度くらいから3~4度くらいに保たれています。

 

遺体安置所の全体が冷蔵庫

広い遺体安置所があったとします。

そのお部屋全体が冷蔵庫になっている場合もあります。

 

その場合は、お部屋全体が1度から3~4度くらいに

保たれています。

 

冷蔵施設がない遺体安置所

冷蔵施設がない遺体安置所もございます。

 

自宅に安置する場合もそうですね。

 

そのような場合でも、長期にわたりご安置するわけでは

なければ、ドライアイスとお棺さえあれば大丈夫です。

※状態が悪いご遺体の場合は例外です。

 

ご遺体にしっかりとドライアイスをあてて、死亡後1日から

2日以内にお棺に納棺すれば安心です。

 

お棺に納棺してドライアイスをあてれば、お棺の中は、

冷蔵庫のようになります。

 

ただし、室温が高すぎると意味がなくなってしまうので、

少し寒いですが、室温は20度くらいにしましょう。

 

季節にもよりますが一週間程度であれば問題ありません。

 

高額のご遺体搬送会社に注意

 

高額のご遺体搬送会社が多いので注意が必要です。

 

ご遺体をご搬送、ご安置後は、高額の葬儀社でぼったくりにあわないように注意しましょう。

 

 
葬儀社の決定は、ご遺体の搬送、安置後でも、十分に間に合いますので、ご安心ください。
 

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 700 times, 1 visits today)

Sponsord Link