自宅のベッドでご遺体を安置しても大丈夫でしょうか?

答えは大丈夫です。

 

ベッド

Sponsord Link

 

昔のイメージからすると、ご遺体の安置は畳の上の布団。

なんて感じもありますが・・・

 

現代では畳がない家もたくさんあります。

当然、布団ではなくベッドですね。

 

ベッドでも大丈夫

そもそも現代住宅では、畳の和室がないご自宅が多い

ですよね。

 

そうです。

布団を引く場所がないのです。

 

ですので、ベッドでも大丈夫です。

 

故人様がご利用されていたベットにご安置してさし

あげましょう。

 

ちなみにご遺体は北枕は西枕がよいとされています。

なるべくその方向に近いようにご安置しましょう。

 

介護ベッドでも?

ご安置は自宅の介護ベットでも大丈夫ですか?

 

介護ベットでも大丈夫です。

介護ベットは場所もとりますし、他の場所にご安置する

事も大変です。

 

介護ベットでそのままお亡くなりなられる場合もあり

ます。

 

その場合は、ご納棺まで介護ベットにご安置します。

 

ですので介護ベットでご安置してもなんら、問題は

ありません。

 

様々な住宅事情

現代では、様々な住宅事情があります。

 

自宅が洋風化されていたり、スペースがなかったりと

様々です。

 

ご遺体の安置を住宅でする場合は、その住宅事情にあ

わせたカタチでご安置やご納棺をするしかないのです。

 

ご遺体搬送も家族葬も事前に決めておきましょう。

ご遺体搬送も家族葬も高額な会社がたくさんありますので注意が必要です。

 

格安の搬送会社を事前に調べて決めておきましょう。

葬儀社の決定は、ご遺体搬送後でもぜんぜん大丈夫です。


 

以下に格安の葬儀場と格安の家族葬をカンタンに調べる方法を紹介します。

思い立ったら今、後回しになると忘れます。

良い葬儀をするために、是非、ご参考にしてください。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

 

(Visited 170 times, 1 visits today)

Sponsord Link