ご遺体を安置する場合に布団はどうすればよいの

でしょうか?

 

布団

Sponsord Link

 

ご遺体安置の布団についてまとめました。

 

ご自宅の場合の布団は

ご自宅にご遺体をご安置する場合は、お布団はどう

すればよいでしょうか。

 

お布団は使用していた布団を使うのが一般的です。

 

枕もそうですね。

掛け布団もそうです。

 

日頃、使用していたお布団を敷いて、ご安置する事が

多いですね。

 

故人様も、使い慣れたお布団の方が喜ばれると思います。

 

ベッドの場合は

ベッドの場合、他にスペースがないといった住宅事情もあり

ますので、ベッドのお布団にそのまま、ご遺体をご安置する

事もございます。

 

畳の部屋が、現代住宅には少なくなってきていることからも、

お布団を敷く場所自体がご自宅にない場合もあります。

 

ベッドにご安置する事が今後は一般的になる可能性もあり

ますね。

 

お棺のお布団

ご自宅にご安置できない場合、安置所に直接ご安置される

場合もあります。

 

その場合、お棺にお納めする事が原則の安置所も多いです。

 

お棺にはお棺にあわせた専用の敷布団、枕、掛け布団があり

ます。

 

もしものご遺体搬送!まずは格安の搬送会社に!

もしもの時は、まず格安のご遺体搬送会社にご依頼ください。

いきなり葬儀社に依頼してしまうと、ほぼ葬儀もそこに依頼しなければなりません。

高額の葬儀社で、あとから後悔する人が後を絶ちません。


 

ご遺体を搬送してご安置したら、落ち着いて葬儀社を選びましょう。

誰でも格安の葬儀社にご依頼できます。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 46 times, 1 visits today)

Sponsord Link