ご遺体を安置期間。

どれくらいの期間なら安置可能なのでしょうか?

 

カレンダー

Sponsord Link

 

ご遺体の安置期間についてまとめました。

 

安置期間は条件により異なる

ご遺体の安置可能な期間は、ご遺体の保全状況や条件に

より異なります。

 

適切な条件を満たし1週間から前後

ご遺体を安置する場合、早めにドライアイスをあてて、

お棺にお納めし冷蔵室にて安置した場合、1週間前後

の期間はご遺体の安置が可能です。

 

適切な条件とは

①ドライアイスを早めにあてる

②早めに納棺する

③冷蔵室にて安置

 

ご自宅で安置の場合、③は不可能ですが、①はすぐに②は

なるべく早めに行う事が大切です。

 

条件を満たせない場合、ご遺体の腐敗が早く進みますので、

安置可能な期間が短くなっていきます。

 

当然、温度やご遺体の状況などにより、一概に言えません

が、基本的な条件を満たす事が大切です。

 

エンバーミングで2週間前後

ご遺体の安置期間を延ばす方法にエンバーミングという方法

があります。

 

血液を薬剤に交換する事によりご遺体の腐敗を防ぎます。

 

エンバーミングを行う機関は、安全策をとって2週間とうた

っていますが、2~3週間は大丈夫のような感じはします。

 

エンバーミングは費用が高いという事が1つの問題点です。

 

15万から20万くらいかかる事もあります。

 

高額の葬儀が多発!これを見て自分を守ってください!

高額の葬儀が多発してトラブルが多くなっています。

もしもの時にご遺体搬送を、直接葬儀社に依頼すると、葬儀まで依頼する事がほとんどです。

その葬儀社の葬儀費用が高すぎて、後悔した話をよくききます。

まず最初は、低価格で安心のご遺体搬送会社に連絡しましょう。


 

ご遺体を安置したら、次は葬儀社選びです。

高額の葬儀社に依頼しないよう、格安葬儀社を一度、ご覧ください。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 25 times, 1 visits today)

Sponsord Link