ご自宅にご遺体を安置する事になったら、自宅では何を準備すればよいでしょうか?

 

玄関

Sponsord Link

 

ご自宅にご遺体安置時の準備についてまとめました。

 

布団が最初

まずはご遺体を寝かせる場所を確保しなければなりません。

 

寝かせるためにはある程度のスペースが必要ですね。

 

一般的なのは和室にお布団をひきます。

 

敷き布団も掛け布団も枕も故人様が使っていたものがよいと思います。

 

北枕か西枕にします。

 

これは御釈迦様が亡くなった時の頭の方向と言われています。

 

これでご遺体を安置する準備が整いました。

 

和室がない場合

和室が無い場合、現代的な住宅はすべてフローリングですよね。

 

フローリングの上に布団をひくのは、さむざむしくて嫌な感じがしますよね。

 

なのでフローリングしかない自宅の場合は、ベッドを利用されていたと思います。

 

ですのでベッドに故人様を安置してあげましょう。

 

北枕か西枕も、出来る限りでかまいません。

 

ベッドなどは大きいので動かせない場合もありますので、仕方がありません。

 

そのご遺体搬送会社は大丈夫ですか?

葬儀社がまだ決まっていない場合は、まずは搬送会社に依頼しましょう。

 

ご遺体の搬送会社には、すごく高額な会社もあります。

 

事前に以下のような低価格で親切な搬送会社を調べておきましょう。


 

葬儀社の決定は、ご遺体のご安置後でも問題ありません。

 

落ち着いて検討しましょう。

以下を参考にしてください。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 18 times, 1 visits today)

Sponsord Link