ご遺体安置後の納棺までの日程の目安はどれくらいでしょうか?

 

直葬プラン

Sponsord Link

 

遺体安置後にはどれくらいで納棺するのがよいのでしょうか?

 

遺体安置から納棺までをまとめました。

 

納棺はなるべく早く

ご遺体の納棺はなるべく早く行うのが最適です。

 

納棺とはお棺にご遺体を納める処置となりますが、お棺に納められる事によりご遺体が守られるのです。

 

ご遺体にはドライアイスをあてますが、お棺の中にドライアイスがある事により、お棺の中は冷蔵庫のような状態になります。

 

なるべく早くご遺体の保冷を行う事がご遺体の保全につながるのです。

 

1日後か2日後

ご遺体を安置してすぐに納棺する事は、ご遺体の保全にとっては最適です。

 

しかし、すぐにご遺体をお棺に納めてしまうと、どうしても故人との距離感を感じてしまいます。

 

ですので、ご遺体がご自宅に戻られたら、1日か2日かお布団でお寝かせして、本当に近くで最後のお別れをしましょう。

 

※お布団で安置する場合は、できるだけ部屋を低温にして、ご遺体にドライアイスは毎日処置しましょう。

 

※もともと、ご遺体の状況がおもわしくない場合は、かわいそうですが、すぐに納棺しましょう。

 

ご遺体搬送時の注意点

最後にご遺体搬送時の注意点をお伝えします。

 

ご遺体搬送料金がとても高額な会社もありますので、気を付けましょう。

国土交通省認可で低価格で安心の搬送会社です。

 

(Visited 12 times, 1 visits today)

Sponsord Link