遺族がいなくても遺体搬送の依頼はできるのでしょうか?

 

病院

Sponsord Link

 

たとえば病院や警察から遺体を搬送する際に、通常は遺族や親族が病院や警察に立ち会う事になるかと思いますが、様々な事情で立ち会えない場合ですね。

 

遺族や親族の立ち合いがない場合の遺体の搬送についてまとめてみました。

 

病院の場合

条件がありますが、遺族・親族の立ち合いのもとでなくても遺体の搬送は可能です。

 

これについては、グレーなゾーンもありますが、病院と遺族親族側の了承があればということです。

 

ご遺体は病院からなるべく早く搬送しなければなりません。

病院は病気を治療する場所であり、ご遺体を安置する場所ではありません。

 

急な場合が多いのでどうしても遺体の搬送に立ち会えないという遺族親族であれば、病院側と連絡してお互いの了承のもと、葬儀社に遺体の搬送と安置を依頼する事はありえます。

 

警察の場合

警察の場合も、遺族・親族の立ち合いのもとでなくてもご遺体の搬送は可能です。

 

これもグレーなゾーンではありますが・・・

 

警察の場合、地域性もありますが、事件性を問うために、ご遺体の検死を行います。

 

検死の処置時間や開始時間は当日にならないとわからないため、ご遺体を引き取る時間が明確になりません。

 

ですので遺族・親族が遺体の引き取り時間に立ち会えない事もあるのです。

 

その場合は、警察および遺族親族の了承のもと、葬儀社がご遺体の搬送と安置を依頼される事があります。

 

ご遺体搬送の注意点

最後に、ご遺体の搬送時の注意点をお伝えします。

ご遺体の搬送は、葬儀社に依頼するのが基本です。

 

ですが、事前に葬儀社を決めていないときは注意が必要です。

たとえば、病院からの紹介であったり、ネットや近所の葬儀社に適当に決めたりは、おすすめしません。

 

なぜかというと、事前に見積もりをとっていないので、お任せしてしまうと、すごく高額な葬儀になる可能性があるからです。

 

葬儀社が決まっていない場合は、国土交通省認可の低価格で安心な搬送会社に依頼しましょう。

 

(Visited 10 times, 1 visits today)

Sponsord Link