遺体安置はをしたらすぐにドライアイスで処置をしましょう。

 

ドライアイス

Sponsord Link

 

遺体安置後は処置についてまとめました。

 

遺体安置後のご遺体保全

病院や警察からご遺体搬送の許可がおりましたら、すみやかにご遺体を搬送します。

 

ご遺体の搬送先は事前に決めたご遺体安置先となります。

 

ご遺体の安置先が決まらなければ、ご遺体の搬送ができませんので、事前に決定しておく必要があります。

 

ご遺体の安置が終了したら、すぐに行わなければならない処置は、ご遺体の保全となります。

 

まずはドライアイス

ご遺体安置が終了したら、まずはご遺体の保全を行わなければなりません。

 

人間の身体は亡くなった後、徐々に腐敗が始まります。

 

最初に行うべき保全方法は、ご遺体にドライアイスをあてる事です。

 

ドライアイスでご遺体を冷やす事により、ご遺体を守るのです。

 

ドライアイスは胸とお腹に

ドライアイスはご遺体の胸とお腹のあたりに置きます。

 

腐敗は内臓から始まっていきますので、胸や腹にドライアイスを置くのです。

 

首まわり顔まわりに置く場合もありますが、最優先は胸や腹でしょう。

 

納棺は早めに、部屋は低温に

ご遺体の保全をしっかりと行うためには、お早めに納棺を行いましょう。

 

納棺をしてドライアイスを入れることで、冷蔵庫のような状態になり、ご遺体を保全できます。

 

また室温を低めにする事もご遺体の保全につながります。

 

ご遺体搬送の注意点

最後に、ご遺体搬送時の注意点をお伝えします。

 

ご遺体搬送は一般的に葬儀社に依頼します。

ただ、事前に葬儀社を決めておらず、病院の紹介やネットや近所の葬儀など、適当に葬儀社を決めると・・・・

 

事前に見積もりをとっていないわけですから、高額な葬儀になる可能性が高くなるのです。

 

まずは、安心で低価格の搬送会社に依頼しましょう。

 

(Visited 18 times, 1 visits today)

Sponsord Link