ご遺体がよく安置される場所の1つに火葬場があります。

 

火葬場のある斎場

 

火葬場にご遺体安置する場合の特徴についてみていきましょう。

 

火葬場の受け入れ時間は決まっています

火葬場のご遺体安置の受け入れ時間は決まっています。

 

火葬場には民営の火葬場と公営の火葬場があります。

 

民営の場合は、まだまだ少ないですが24時間受け入れ可能なところもあります。

 

民営の場合は、午前0時から午前7時くらいまでは受け入れ不可の施設が多いですね。

 

公営の場合は、受入可能時間が少なく、やはりお役所時間という感じです。

 

受入時間は勤務時間内というイメージでよいかと思います。

 

ご遺体安置は納棺が規則

火葬場のご遺体安置は、納棺済みが規則な場合がほとんです。

 

公営の火葬場の場合は、ほぼ納棺していないと安置ができません。

 

民営の火葬場の多くも納棺済みが条件ですが、お身体だけでもご安置できる施設もあります。

 

火葬場の場合、多くはお線香など禁止

火葬場の場合は、霊安室も共用の施設となっています。

 

ですので、大体の場合は、霊安室はお焼香もお線香も禁止となっています。

 

様々な宗教の方がいるという事も禁止の1つの理由でしょう。

 

(Visited 3 times, 1 visits today)

Sponsord Link