ご遺体をご自宅に安置したとき、神棚やら仏壇には半紙?・・・・

 

神棚

 

なんて聞いた事がある人もいらっしゃると思います。

 

今回はご遺体安置時の神棚と仏壇についてまとめました。

 

ご遺体の安置時には半紙を

ご遺体の安置時には、近くにある神棚や仏壇に半紙を貼りつける事が多いです。

 

これは、よく聞く迷信で、ご自宅にご遺体を安置したら、穢れを防ぐために半紙を貼るのです。

 

神棚に半紙

穢れが神様に及ばないように、神棚に半紙を貼り付けます。

 

今でも喪中の時には、お神輿に触れない、などの考え方が強いです。

 

科学的根拠が乏しい昔は、腐敗などが伴う死に対する恐怖が強かったため、神様から遠ざけられたのでしょう。

 

ほとんどの場合、忌明けの時まで、神棚には半紙を貼りつけます。

 

仏壇に半紙

仏壇の場合も、忌明けまで扉を閉めて半紙を貼りつけると聞きます。

 

しかひ、仏壇の場合は意見がわかれます。

 

葬儀は地域性や宗教により、慣習がまったく異なる場合が多くあります。

 

結局、仏壇の半紙についてもそうなのです。

 

宗教や地域性によって、どちらも正しいのです。

 

ご関係のある、宗教者の方に尋ねてみるのがよいでしょう。

 

お付き合いのあるお寺さんがいなければ、無宗教であるとも言えるので、どちらの対応でもよいでしょう。

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

Sponsord Link