葬儀社自体に、ご遺体の搬送資格がない葬儀社がいるのでしょうか?

 

認可

Sponsord Link

 

葬儀社のご遺体搬送の資格について、まとめてみました。

 

ご遺体搬送は資格が必要です

ご遺体搬送車両には認可が必要です。

 

タクシーのように、国からの認可を得て、緑ナンバーの車両を取得しなければなりません。

 

緑ナンバーがなければ・・・

実際は、認可を受けた緑ナンバーを所有していない葬儀社もけっこうあります。

 

つまり白ナンバーの普通車両しか所有しておらず、緑ナンバーの車両を持っていないのです。

 

認可を得た緑ナンバー車両を所有していない葬儀社の場合はどうするか?

 

外注をするのです。

 

ご遺体搬送の専門会社などもありますので、緑ナンバーのご遺体搬送車両を所有している会社に外注するのです。

 

白ナンバーでお迎えにいくとどうなる?

つまり白ナンバーの普通車両で、ご遺体を迎えに来るということです。

 

最近では少なくなってきているとは思いますが、少なからず、まだあるでしょう。

 

ここはグレーゾーンなのです。

 

法的には緑ナンバーで事業としての認可を取得しなければ、業務に対する対価を請求できない、と法で定められています。

 

ですから白ナンバーの普通車両でお迎えに行った場合、その対価を請求できないわけです。

 

そこで、出てくるのが、搬送車料でのお迎えをサービスとすれば問題ない?という話になるのです。

 

しかし、葬儀代としては料金をいただく訳で、葬儀代に搬送代が含まれているようなものじゃないか?という問題も出てくるのです。

 

ですので、白ナンバーでのご遺体搬送は、黒に近いグレーなのです。

 

今後は、より取り締まりが厳しくなるでしょう。

 

ご遺体搬送の注意点

ご遺体搬送はだいたい葬儀社に依頼します。

葬儀社が決まっていないと病院が紹介してくれる場合がありますが、その場合、見積りも事前にとっていないので、葬儀費用を含めてかなり高額になるケースがあります。

 

最初は、低価格で安心の搬送会社に依頼しましょう。

 

(Visited 57 times, 1 visits today)

Sponsord Link