直葬でも香典は必要なのでしょうか?

 

お香典 (2)

Sponsord Link

 

直葬でも招かれている場合は、香典が必要です。

 

直葬でも香典は必要です

直葬は1つの葬儀スタイルです。

 

葬儀に招かれているのですから、香典を持参しないと失礼にあたります。

 

直葬の香典の金額は?

以前にご自分の身内の不幸で香典をいただいた事があるとしましょう。

 

その場合は、いただいた香典と同じ金額をつつみましょう。

 

過去にお香典のやりとりがないのであれば、関係の程度で金額を決めましょう。

 

喪主にそのまま手渡す

直葬の場合は、通夜も告別式も行わないので葬儀場もなければ受付もありません。

 

収骨した時点で、もう終わりとなります。

 

ですので、渡し損ねないように、お香典は火葬中にでも、そのまま喪主または施主にお渡ししましょう。

 

直葬の場合は、食事なし、返礼品なしも増えている

直葬の場合は、食事の準備もなし、返礼品の準備もなし、という事が多いです。

 

お香典を出した場合、お返しは四十九日後のタイミングになるでしょう。

 

直葬でも葬儀社によって10万違う?

直葬でも葬儀社によって10万円以上の差がある場合があります。

 

やはり昔のままの葬儀社は、費用も昔のままで高額すぎるのです。

 

低価格で良心的な葬儀社に依頼できれば10万以上安くなる可能性は高いですね。

 

方法さえ知ってしまえば、誰でもカンタンに低価格の葬儀社は探せます。

→東京都の火葬場一覧!お近くの格安直葬プランがカンタンにわかる!

→千葉県の火葬場一覧!お近くの格安直葬プランがカンタンにわかる!

(Visited 2 times, 1 visits today)

Sponsord Link