直葬に参列する時の服装は?

 

お通夜 (4)

Sponsord Link

 

直葬とは火葬のみを行う葬儀形式です。

 

直葬の参列や服装についてみていきましょう。

 

直葬の服装

直葬も葬儀の1つの形式ですので、喪服での参列です。

 

通常の家族葬や一般葬の服装と変わらないと認識しておきましょう。

 

直葬の集合場所

直葬の場合、葬儀式は行わず、火葬のみです。

 

ですので予定されている火葬時刻の30分ほど前に火葬場に直接集合となります。

 

火葬前に更衣室などはない場合がほとんどですので、喪服を着て来場しましょう。

 

お見送りの際に焼香

火葬場にもよりますが、火葬炉にお見送りした後、またはその前にお焼香をするタイミングがあります。

※お焼香できない火葬場もあります。

 

ですので直葬でも喪服で来場して、数珠も持参しましょう。

 

平均で1時間ほどで収骨

火葬場にもよりますが平均で1時間ほどでご収骨となります。

 

ご収骨の際は、橋渡し、あいばさみ、などお行いながら収骨をします。

 

火葬場をみてみると、火葬炉へのお見送りからご収骨まで、まず私服の人はいません。

 

みなさん喪服ですので、直葬の場合でも、喪服で来場しましょう。

 

もしもの時の搬送!高額の葬儀社に注意してください

葬儀業界には高額の葬儀社がたくさんあります。

 

もしもの時には、冷静さをかき、高額の会社でも依頼してしまう事が多いです。

 

事前に格安で良心的な会社の連絡先を知っておきましょう。

 

高額の葬儀社と低価格の親切な葬儀社では50万から100万くらい違うのは普通です。


 

ご遺体の搬送の後は、低価格で優秀な葬儀社に依頼しましょう。

上記の搬送会社に格安の葬儀を依頼する事も可能です。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 12 times, 1 visits today)

Sponsord Link