直葬にお経は必要なのでしょうか?

 

経本

Sponsord Link

 

お経が必要ということは、お坊さんに来てお経を読んでもらうということです。

 

お経は絶対に必要なのでしょうか?

 

どちらでも大丈夫です

直葬の場合、お坊さんを呼んでも呼ばなくても、どちらでも大丈夫です。

 

つまり、お経は読んでも読まなくても、問題ありません。

 

呼ばない場合が多い

直葬は葬儀式を行わないので、費用は格段に安くなります。

 

ですので、経済的に厳しい方が、直葬を選ぶ場合が多いようです。

 

お坊さんを呼ぶ場合は、当然、別途、お布施が必要になります。

 

ですので、直葬の場合は、お坊さんも経済的負担となるため、呼ばない方が多いように思います。

 

お経を読む場合

お経を読む場合、つまりお坊さんを呼ぶ場合ですが・・・

 

直葬の場合、お経はどこで読むのでしょうか?

 

お経は、お釜にお見送りした後、お釜の前で読んだり・・・

お釜がある火葬炉に行く前に、告別室というお別れの部屋で読んだり・・・

 

と火葬場により様々です。

 

告別室は有料で予約制、釜前ではお経は読めない、などなど、地域的にルールが違う事も多いので、注意が必要です。

 

お経の時間がほとんどない

直葬の場合は、儀式を行う部屋があるわけではありません。

 

お釜の前で、1分とか2分だけお経を読むだけです。

 

お経を読むとはいっても、本当に時間はほとんどありません。

 

直葬でも!高額の葬儀社に注意してください

直葬は通常の葬儀に比べれば安いのですが・・・

 

直葬においても高額葬儀社がいますので要注意です。

 

直葬の費用も低価格の葬儀社と高額の葬儀社だと20万くらい違う事もよくある事です。

 

 

すぐには葬儀社と決められないという方も・・・

もしもの時は、まずはご遺体の搬送車だけ依頼する事も可能です。

→ご遺体搬送だけ依頼可能!格安搬送会社の料金表!

 

葬儀社の決定は、ご遺体の搬送後でも問題ありません。

冷静になってから、じっくりと決めてください。

 

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

Sponsord Link