千葉から県外へご遺体搬送する場合は・・・

プロも依頼する国土交通省認可の会社に依頼しましょう。

 

国土交通省認可

Sponsord Link

 

国土交通省、関東運輸支局認可の低価格で安心の格安搬送会社です。

 

国土交通省 関東運輸支局認可のご遺体搬送会社

国土交通省 関東運輸支局認可の搬送会社に依頼すれば安心です。

→低価格で安心の搬送料金表

 

まずはご連絡を

FCCコールセンターまで

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

ご連絡時は以下の内容をお伝えください

お亡くなりになった方の氏名、身長、体重
ご連絡をくれた方の氏名
ご連絡をくれた方の携帯電話番号
お迎え先の施設名
お迎え先のご住所
行き先のご住所
行き先の施設名
行き先の電話番号

 

以下の内容をご確認ください。

 

病院や警察、老人施設など、お迎え先について

お迎え先の場所によって、ご遺体の処置が必要になる場合もございます。

 

病院の場合は、エンゼルケアといって体液や血液など、看護師さんが処置してくれる事がほとんどなので処置を必要としない場合が多いです。

警察の場合は、検死が入る事がほとんどで、出血や体液などの処置がされていない場合がよく見受けられます。

その場合は、一度安置所にお連れして処置する事になります。

 

老人施設の場合も、看護師などが常勤しているわけではないので、安置所に一度お連れして処置が必要な場合もございます。

 

死後どれくらいか・・納棺は・・

病院や老人施設の場合は、お亡くなりになると、すぐにご遺体搬送の準備ができますが・・・

警察の場合は少し違います。

 

すでに死後かなり経過している遺体もありますし、自宅などで誰もいない時に亡くなった場合、事件性などを調べるために、警察で検死を行うために、数日間、警察や検死関連施設で保管されます。

ご遺体の受け取りは、検死が終わってからになりますので、遺体発見時期が死後どれくらいかにもよりますが、ご遺体の引き取りまでに数日間経過してしまうのです。

その間は、ドライアイスなどの適切なご遺体保全の処置はできません。

ですので警察のご遺体引き取りの場合は、ご遺体の腐敗がどうしても進んでしまう事が多いのです。

 

お連れ先が遠方の場合は、処置の必要性も高まります。

お連れ先が遠方の場合は、ご遺体の腐敗を防止するための処置が必要となります。

ですので、ご遺体をすぐに納棺して、すぐにドライアイスの処置をしなければならない事もあるのです。

 

お連れ先との打合せ

たとえばお連れ先が葬儀社など決まっている場合は、事前にその葬儀社様にご連絡させていただきます。

どのような処置状態でお連れすればよいか、お打合せをさせていただき、その結果にそってお連れ致します。

 

 

葬儀のご相談もご遠慮なく

 

弊社のスタッフはすべて、葬儀スタッフの経験者です。

一般的な葬儀のご相談もなんなりと、ご相談ください。

プロからのアドバイスをさせていただければと思います。

 

弊社のグループ会社で葬儀も施行

 

弊社のグループ会社では葬儀も施行しております。

 

低価格で誰でも葬儀が出来る事を目指しております。

ぜひ、ご参考にしてください。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

Sponsord Link