お身内がお亡くなりになれば・・・

ご遺体の搬送をしなければなりません。

 

連絡

Sponsord Link

 

その時に家族がすべき準備や行動は、どうすればよいのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

 

お亡くなりになる場所は・・

お亡くなりになる場所は、人それぞれ、さまざまです。

 

病院で亡くなる方もいます。

またま家や会社、また交通事故で、突然、亡くなる方もいます。

 

場所や状況は様々になりますね。

 

ご遺体を引き取りにうかがう場所は・・

ご遺体の引き取りにうかがう場所は・・・・

死亡診断書が書く事ができるところになります。

 

たとえば病院で亡くなれば、もちろん医師がいて死亡診断書を書けますので・・・

その場合は、病院にご遺体を引き取りにいくわけです。

 

たとえば、家で突然、お亡くなりになったり、交通事故でお亡くなりになったりした場合・・・

すぐにご遺体を引き取る事はできません。

 

検査をしないと死亡診断書が出ないからですね。

すでに亡くなってから時間が経過している場合は、病院ではなく警察に引き取られ検査をうけます。

 

警察で検死が終わり、死亡診断書が出る状況になると、ご遺体の引き取りが可能となります。

 

たとえば自宅で亡くなった場合に、かかりつけのお医者さんがいて、お亡くなりになった時に、かかりつけのお医者さんが死亡の確認をして死亡診断書が書ければ・・・

すでにご自宅にいるわけですから、ご遺体はすでに引き取ったのと同じですね。

 

まず最初に家族はご遺体搬送の手配を・・

警察や病院の手配で、医師が死亡診断書を書き終えたら、ご遺体の搬送が可能となります。

 

病院の場合は危篤の時点で、家族はすぐに病院に呼ばれます。

しかし、警察に運ばれる場合は、すでに亡くなっていますので、検死が終了し呼び出されるまで、数日間待たされる場合があります。

 

家族が呼び出しを受けたら、まずは、ご遺体を搬送する準備をしなければなりません。

 

ご遺体の搬送は葬儀社か、またはご遺体搬送専門会社に依頼します。

 

依頼できるところがなく警察からの紹介は・・・

ご家族が葬儀社もご遺体搬送専門会社も、依頼できるところを知らない場合・・・・

警察が葬儀社を紹介してくれる場合があります・・・

 

これはあまりおすすめできません。

それはなぜか・・・実はトラブルが多いからです。

 

とにかく高額になる事が多いのです。

警察からの紹介を受けるということは、葬儀について何も調べていないので相場などもわからない方が多く、葬儀社任せになってしまうので、葬儀費用が高額になる傾向が強いのです。

 

出来る限り、事前に低価格で良い会社を決めておくのがよいでしょう。

 

葬儀社を事前に決めるのが難しい場合は、ご遺体搬送専門会社に・・

ですが葬儀社を事前に決めるのは、なかなか難しいという方もいらっしゃいます。

 

そんな場合は以下の、ご遺体搬送の専門会社に依頼しましょう。

低価格で評判の良い搬送会社です。

 

→低価格で安心の搬送料金表

 

上記の搬送会社のグループ会社には葬儀社もありますので、いざという時はご依頼も可能です。

もちろんですが、搬送会社なので、ご遺体の搬送だけも、可能です。

 

スタッフはすべてもと葬儀社の社員ですので、葬儀のご相談も無料で承ります。

ご遠慮なく、ご相談ください。

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

Sponsord Link