亡くなった後の流れがスグ解る!

病院や警察から遺体搬送!

24時間対応で料金も安い!

 

一覧

Sponsord Link

 

病院との手続き以外で、亡くなった後にする最初の大事な事は、故人の搬送です。

病院や警察はご遺体の安置場所ではありませんので、なるべく早く移動させねばならないのです。

 

亡くなった後の流れ

亡くなった(ご逝去)後の流れを図にしてみました。

 

●ご逝去

●死亡診断書(死亡届)の受取

●ご遺体(故人)を引き取り搬送

●ご遺体の安置

●葬儀の打合せ

 

ご逝去 → 死亡診断書

病院でお亡くなり(逝去)になると、医師からの説明を受けた後、死亡診断書(死亡届)を受け取ります。

その後、看護師さんの処置などが終わると、ご遺体の引き取りとなります。

 

警察の場合は、検死や警察の手続きが終わると、警察から電話がありますので、ご遺体の引き取り日時をスケジュール調整して決定します。

 

ご遺体の引き取り搬送

病院でも警察でも、ご遺体の引き取り時間にあわせて、遺体搬送車両をご自分で手配しなければなりません。

 

この時に、大半のみなさんは、葬儀社を手配します。

葬儀社を手配すれば、ご遺体搬送の手配から、葬儀の手配まで、すべて行ってくれるからです。

 

ご遺体の安置から打合せ

ご遺体の搬送後は、安置先に故人様を安置して、今後の葬儀の打合せという流れになります。

 

遺体搬送時の葬儀社手配の注意点

それでは、ここで遺体搬送時の葬儀社手配の注意点についてお伝えします。

もともと下調べをして、安くて良い葬儀社を予約している場合は、準備万端ですので、いち早く、そちらの葬儀社に連絡して、手配していただきましょう。

 

しかし、もし・・・葬儀社が決まっていない場合・・・

以下のような手配の仕方は、できる限りおやめいただきたい、と思います。

 

①ネットで適当な葬儀社に依頼する

②病院や警察から紹介された葬儀社に依頼する

 

なぜやめた方がいいのか?・・・・それは高額になる可能性が高いからです。

一般的な格安の葬儀社というのは、ネット上などのライバル社同士で熾烈な価格競争をしているから安いのです。

 

適当に決めたり、紹介を受けたりした場合は、一社だけですので価格競争は起こりません。

また、紹介を受けるということは何も下調べしていない状況だと思いますので、葬儀社に丸投げ状態かと思われます。

このような場合に、費用の相場もわからないので、葬儀社主導のまま話がすすみ、高額な葬儀になる可能性が大なのです。

 

であればどうすればいい?

 

低価格で遺体搬送だけ可能な葬儀社

低価格での遺体搬送だけが可能な葬儀社があります。

国土交通省の認可を受けていますので、安心の低価格搬送です。

ぜひ、ご確認ください。

→国土交通省公認の低価格の搬送料金表

 

また、業界最安値レベルの葬儀も承っておりますので、いつでも依頼が可能です。

 

しかし、まずは、故人様をご安置後にゆっくりと、ご家族で葬儀社を検討してください。

当社スタッフは葬儀のプロでもありますので、ご家族様にあった葬儀社検討のアドバイスも、よろしければさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

 

(Visited 17 times, 1 visits today)

Sponsord Link