亡くなったらすべき事!

東京都世田谷区の病院や警察から遺体搬送!

24時間対応の安心料金!

 

ストレッチャー (2)

Sponsord Link

 

お身内がお亡くなりなった場合、何をすればよいのか・・・

通常は気が動転して、何をすればわならなくなっても、いたしかたありません。

 

ですが、注意してほしいのは、気が動転してしまうと、その後のことは、すべて人にお任せしてしまうことが多いことです。

そういった場合にトラブルなどが起こりやすいのです。

 

トラブルを避けるためにも、もしもの時に行うことの最低限のことは、準備しておくことを、お勧めいたします。

 

お亡くなりになったらする事!

まずお亡くなりになったら、遺族がする事とは、いったいどんなことなのでしょうか?

それは、お亡くなりになった故人様を搬送(移動)することです。

 

お身内がお亡くなりになったら、病院や警察での処置や説明などもありますが、その手続きが終わったら、遺体搬送の手配をしなければならないのです。

病院や警察は、ご遺体の安置所ではありませんから、特別な事情がない限り、できるだけすみやかに故人を移動せねばならないのです。

 

通常は葬儀社に依頼

故人様の搬送は、一般的には葬儀を依頼する葬儀社に依頼します。

ですが、これが注意しないとトラブルのもとになっているのです。

 

たとえば、事前に葬儀社を決定していない場合、病院や警察から近所の葬儀社だったり、関係性のある葬儀社を紹介されることがあります。

このように、ご自分では、何も事前に知らない葬儀社の紹介を受けると、トラブルが起きる場合があるのです。

 

事前に見積もりもとらず、葬儀について何もわからないわけですから、葬儀社にお任せするカタチにならざるおえないですね。

こうなると葬儀社も会社ですから、売り上げや利益をあげようとして高額になることが多いのです。

 

最終的な葬儀の合計金額に驚いて、トラブルになることがよくあるのです。

 

事前に準備や相談をして備えておくのがベスト!

高額なトラブルを避けるためには・・・・

やはり事前に葬儀社を決めておくことがベストです。

 

事前に見積もりをとり、納得した葬儀社に依頼するのがよいでしょう。

 

葬儀社を決められない場合ある

葬儀社を事前に決めておくのがベストですが・・・

そうはできなかった場合だって、とうぜん起こりえます。

 

そんなときに、参考にしてほしい方法があります。

実は葬儀社によっては、故人様の遺体搬送だけを受けてくれる葬儀社もあるのです。

葬儀社の決定は、故人様の搬送後でも十分に間に合いますから、ご安心ください。

 

以下に、もちろん搬送のみが可能で、搬送料金も国土交通省認可で低価格の葬儀社があります。

ぜひ、ご覧ください。

→国土交通省公認の低価格の搬送料金表

搬送料金だけでも高額な葬儀社もいるので、搬送のみでも葬儀社選びは気を付けましょう。

 

葬儀の即座の対応も可能

弊社の場合は葬儀社でもあるので、突然の葬儀依頼でもすぐに対応が可能です。

最安値級の中でもトップレベルに低価格な安心葬儀プランが用意してありますので、ご遠慮なくご相談ください。

 

弊社スタッフに、些細なことでなんでも、なんなりとお申し付けください。

 

 

(Visited 39 times, 1 visits today)

Sponsord Link