お亡くなりになった人を安置する時に、頭を北の方角に

すると、聞いた事がありますよね。

 

枕

Sponsord Link

 

あれはなぜでしょう?

ご遺体は北枕についてまとめました。

 

お釈迦様と一緒

お釈迦様が亡くなられた時、お顔が北の方角だったと

いうのです。

 

お釈迦様といえば仏教の開祖と言われてる人物。

 

仏教のもっとも偉い方になぞらえれば、みんな安心して

成仏して天国に行けるという考え方でしょう。

 

北が無理なら西

お亡くなりなられた時のご遺体の安置は北枕というのが

主流です。

 

しかし、現代では住宅事情により北枕でのご遺体安置は

無理な場合も当然ながらあるでしょう。

 

その場合はどうすればよいのでしょうか?

 

実は北枕がだめなら、次は西枕なのです。

優先順位は一番が北枕で二番が西枕です。

 

優先順位の三番は聞いた事がありませんけど・・・

 

なぜ西なのでしょう。

 

お釈迦様が亡くなられた時、頭の方角は北だったのです

が、お顔は西を向いてられたそうです。

 

ですので、北枕が無理なら西枕になるんですね。

 

また極楽浄土は西の彼方にあると言われています。

 

それも理由にあるかもしれませんね。

 

ご遺体搬送の注意点

最後にご遺体を搬送するときの注意点だけ、お伝えします。

 

通常、ご遺体の搬送は葬儀社に依頼します。

ですが、葬儀社が決まっていない場合、病院から紹介を受けるか、またはネットや近所の葬儀社に適当に依頼することがあります。

 

ここが要注意点です。

事前に、見積りもとっていない葬儀社に依頼するとどうなるか・・・

高額になる可能性が高いに決まっていますよね・・・

これでトラブルが多いのです。

 

最初は、安心で低価格の搬送会社に依頼しましょう。

 

(Visited 42 times, 1 visits today)

Sponsord Link