ご自宅でご遺体を何日までなら安置する事ができるの

でしょうか?

 

自宅

Sponsord Link

 

ご遺体の状況にもよりますが、一般的な場合として、

ご遺体安置のご自宅についてまとめました。

 

条件付きで1週間?

ご自宅にご遺体を安置した場合、条件付きの一般論で

すが1週間は問題ないでしょう。

(例外もあります。必ず保証するわけではありません。)

 

条件①

ご遺体の状況が普通であること。

(※死後時間が経過している場合や、特殊なご病気のとき

は、これにあてはまりません。)

 

条件②

早めにご納棺をしてドライアイスをあてる。

(ご納棺とはご遺体をお棺に納める事です。ご納棺する

事により密閉性が増し、ドライアイスを入れる事で、

低温度に保つ事ができます。)

 

条件③

安置しているお部屋は、夏場はクーラーをつけ、冬場は

あまり暖房をつけないようにしましょう。

 

条件④

なるべく毎日、ドライアイスを追加、交換しましょう。

 

布団に安置するのは1日くらい

最初にご自宅に安置する時は、基本的にお布団にご安置

します。

 

その後、納棺するわけですが、ご遺体の保全のためにも、

1日くらいで納棺するのがベストだと思われます。

 

事前の準備でご遺体搬送も格安優良会社へ

ご遺体の搬送会社も会社によって料金が様々です。

事前に調べておけば、格安で優良な会社に依頼する事ができますね。

 

最初はご遺体搬送だけでも大丈夫です。

すぐには決められない事もあります。

まずはご遺体を搬送しましょう。


 

ご遺体搬送後は葬儀社を決めましょう。

以下は低価格で優良な葬儀場と葬儀社のご案内です。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 31 times, 1 visits today)

Sponsord Link