ご遺体をご安置する場合、ドライアイスはかかせません。

 

ドライアイス

 

お亡くなりになって時間が経過している場合はなおさら

早めにドライアイスをあてなければなりません。

 

ドライアイスはすぐに

ドライアイスはすぐに、ご遺体にあてて処置するべきです。

 

ご遺体の腐敗は時間と共にすすんでいきます。

 

ドライアイスをあてる事により腐敗をとめる、いや腐敗する

のを遅くするといった方がいいかもしれません。

 

ドライアイスはご遺体の保全や衛生管理の重要な役割を担い

ます。

 

警察の検死後は・・・

急な心筋梗塞や脳梗塞など、自宅で1人で倒れていた場合

など、事件性の可能性を調べる必要があります。

 

なので病院で亡くなった場合と異なり、東京の場合は警察

で検死を受ける必要があるのです。

(地域によっては場所が異なる)

 

検死の場合、監察医が循環しているのですが、タイミング

によっては一日以上かかります。

 

その間は当然ながら、ドライアイスなどの保全や衛生管理

は無視されます。

 

ご遺体の腐敗がすすんでしまうのです。

 

ですので検死後はなるべく早くドライアイスで処置をしな

ければなりません。

 

(Visited 10 times, 1 visits today)

Sponsord Link