ご遺体を安置した後にすべきことはなんでしょうか?

 

布団

Sponsord Link

 

例えば、ご自宅に遺体を安置した後にする事をまとめてみました。

 

まずはドライアイス

まずはドライアイスをあてましょう。

 

ご遺体の保全のためには必ず行うべきことです。

 

葬儀社に依頼した場合、必ず葬儀社の方が持ってきますので安心です。

 

葬儀社の担当の方がご遺体に処置してくれます。

 

枕飾り

ご遺体の前に枕飾りを設置します。

 

台を準備して、香炉、燭台、線香立て、リン、などを設置してお線香があげられるように準備します。

 

お身内でお近い順からお線香をあげて、お手を合わせましょう。

 

枕飯と枕団子

旅支度として考えられている枕飯と枕団子を準備しましょう。

 

枕飯は、故人が使われていた茶碗にご飯をてんこ盛りにします。

 

てんこ盛りのご飯の真ん中に、故人の使っていた御箸を垂直にたてます。

枕飾りの台に一緒にお供えします。(お顔側に)

 

枕団子は上新粉を準備して、直系4~5cmくらいの団子を6つ作ります。

 

平のお皿を準備して、まず真ん中に1つ置き、まわりに4つの御団子を円状に並べます。

最後、上に1つ置いてこれも枕飾りの台に一緒にお供えします。

 

枕飯も枕団子も旅のお供でございますので、1度用意したものを最終的にお棺に入れます。

 

取り替える事はしません。

 

ご遺体搬送時の注意点

最後に、ご遺体搬送時に注意すべき点について、まとめてみました。

ご遺体の搬送は、葬儀社に依頼するのが一般的です。

 

ですが、葬儀社が決まっていない場合、ここが問題なのです。

決まっていない場合は、病院からの紹介だったり、ネットや近隣の葬儀社を適当に調べて、葬儀社を決めます。

 

この場合、事前に見積もりをとっていないので、おそろしいほど高額な葬儀になることがあるのです。

 

最初は、低価格で安心の、国土交通省認可の搬送会社に依頼しましょう。

 

(Visited 56 times, 1 visits today)

Sponsord Link