亡くなったらどこへ行く?

ご遺体搬送で安置所へ!

低価格料金で国土交通省認可!

 

選ぶ (2)

Sponsord Link

 

ご遺体はお亡くなりになった後、どこへ行くのでしょうか?

ご遺体の行き先を、まとめてみました。

 

ご遺体の行き先

一般的なご遺体の行き先を以下にあげてみました。

 

●ご自宅

●火葬場

●安置施設

 

それぞれの詳細をみていきましょう。

 

●ご自宅

昔は、ほとんどがご自宅でした。

昔は、お亡くなりになると、ほとんどの場合で、自分の住んでいた家、ご自宅に帰ってきました。

 

布団をしいて、安置して、枕飾りを飾って、お線香などをあげ供養したのです。

しかし、最近では、現代社会の住宅事情により、なかなか自宅に帰るのが難しくなっており、自宅でのご安置が少なくなっています。

 

●火葬場

火葬場にはだいたいの場合で、ご遺体の安置施設があります。

火葬場と葬儀場が一緒になっている斎場も多いので、一度、火葬場へ移動してしまえば、次に移動する必要がなくなり、効率的とも考えられます。

 

火葬場の場合は、納棺済みという条件がある事が多く、そこは段取り良く準備しなければなりません。

 

●安置施設

最後に一般的な民間の安置施設があります。

葬儀社の葬儀場であったり、葬儀社ではなく遺体安置所だけで運営している会社もあります。

 

遺体安置所だけで運営している会社は、専門的なので、サービスや設備にこだわりがある場合が多いです。

 

 

ご遺体の移動には寝台車の手配

ご遺体の移動では、葬儀社に依頼することが一般的です。

葬儀社が決まっている場合は、葬儀社に連絡しましょう。

 

ですが、決まっていない場合、病院や警察から葬儀社の紹介を受ける場合があります。

このような場合、紹介を受けた手前、葬儀社にすべてお任せになることが多く、そうなると高額になる事が多いです。

 

実は、地元や近所で決まっている葬儀社の場合も、お任せの世界なので、現代社会では高額といえる場合が多いです。

現代社会では、ネットで葬儀を依頼する人がかなり多くなっており、それに伴って公平な低価格競争が激しくなっており、安くて素晴らしい葬儀を低価格で依頼することができます。

 

搬送だけ可能がベスト

ご遺体の搬送時に葬儀社が決まっていなくても、葬儀社はあせって決める必要はありません。

あせるとろくなことはありません。

 

実は、葬儀を依頼せずとも、ご遺体の搬送だけでも可能な葬儀社もあります。

しかも、国土交通省認可の低価格搬送料金で安心です。

→国土交通省公認の低価格の搬送料金表

 

ご遺体のご安置が終わってからでも、ゆっくりと葬儀社を選ぶ時間はございますので、安心してください。

 

葬儀対応もしているのでスグに対応可能

また、弊社の場合、葬儀も対応しているので、急なご依頼でもスグに対応可能です。

お気軽にご質問ください。

 

また、葬儀の事についてもプロのスタッフなので、適切な葬儀のアドバイスも可能です。

ご遠慮なくご質問ください。

 

(Visited 2 times, 1 visits today)

Sponsord Link