死体の安置所が近所にあったら嫌でしょうか?

ほとんどのみなさんが、やはり嫌がるかと思います。

 

近所

Sponsord Link

 

死体というと、一般的な表現となり、尊厳を無視しているよ

うに感じますので、ご遺体という表現が正しいかと思います。

 

遺体の安置所が近所に?

遺体の安置所が近所にできて、近隣の住民の反対運動が

起きた、という話も聞いた事があります。

 

当然といえば当然ですね。

どうしても、死とは縁起が良くない事ですので、遠ざけたい

避けたいと思うのは当たり前の感覚です。

 

遺体の安置所が少ない!

現代は今までに例をみないほどの高齢化社会です。

そして、それはさらに進んでいきます。

 

ですので今後10年、20年先と亡くなる方が増える

のは当然です。

 

昨今、住宅事情や諸事情によりお身内が亡くなっても、

自宅に葬儀まで、ご遺体を安置する方が減っています。

 

今でさえ、ご遺体の安置所が反対により建てられず、

安置所が少ないのに、将来的にはどうなるのか?

 

安置所の数がまったく追いつかず、自宅にご安置せざ

るおえなくなる可能性もあるのです。

 

遺体の安置所 まとめ

遺体の安置所は将来的に、社会や住民の方の理解を

得ていき、増加していくかもしれません。

 

あなたの町の近所にも。

 

安置所にはご遺体搬送車両で・・

安置所にご遺体を運ぶのには、ご遺体の搬送車両が必要です。

 

葬儀社がまだ決定していない場合は、ご遺体搬送の専門会社がよいと思います、

葬儀社の決定は故人様をご安置してからでもまったく問題ありません。

 

以下は優良で格安なご遺体の搬送会社です。

ぜひ、参考にしてください。


 

故人様をご安置し、落ち着いてから葬儀社を決めましょう。

以下は評判の良い葬儀場と葬儀社会社です。

 

一度、みてください。

→搬送後は東京の格安葬儀場と格安葬儀社

→搬送後は千葉の格安葬儀場と格安葬儀社

 

(Visited 32 times, 1 visits today)

Sponsord Link