ご遺体安置はご自宅がマンションでもできるのでしょうか?

 

エレベーター

Sponsord Link

 

マンションにご遺体を安置する場合の注意点をまとめてみました。

 

エレベーターが重要

マンションの場合、エレベーターが重要となります。

 

ご遺体が寝台車から降りてからの移動は、一般的にストレッチャーで行われます。

 

エレベーターが狭いと、ストレッチャーが入りません。

 

ストレッチャーが入るエレベーターでないと、上の階に搬送できないのです。

 

扉付きのエレベーター

最近のマンションでは、エレベーター奥の腰より下ぐらいの部分に扉が付いている場合が多いです。

 

扉が開くと奥が広くなり、ストレッチャーなども乗せられるようになります。

 

救急車のストレッチャーで救急搬送される場合に対応できるようにしているのです。

 

これはご遺体搬送のストレッチャーでも同じで同様に利用できます。

 

扉のカギは、管理人さん、またはオーナー、不動産管理会社などが持っています。

 

利用する場合は、事前にカギを借りておかねばなりません。

 

階段で上に?

マンションやアパートでエレベーターがなかったり、エレベーターが狭くてストレッチャーが入れない場合・・・

 

ご遺体を担架に乗せて、みなさんの手で階段を搬送する場合もあります。

 

しかし、この場合は、人数が必要です。

 

4名以上はいたほうが安心でしょう。

 

ご遺体搬送の手配は?

ご遺体を搬送する際は、寝台車を手配する必要があります。

 

病院から紹介される葬儀社は、高額の可能性がありますので注意しましょう。

 

まずは低価格で安心の搬送会社に依頼しましょう。

 

(Visited 47 times, 1 visits today)

Sponsord Link