ご遺体安置後の枕経とは、なんでしょうか?

 

お経

 

ご遺体安置後の枕経について、まとめてみました。

 

枕経とは

枕経とは、実際は危篤状態からご臨終の際にお坊さんがお唱えするお経です。

 

昨今では、病院でお亡くなりになる方が大多数となり、枕経もお唱えする事が難しくなりました。

 

現在では、臨終の際は難しくなりましたが、ご遺体安置後に、お坊さんが枕経をお唱えする場合もあります。

 

枕経は減っています

最近では枕経自体を省略する事が多いようです。

 

ご遺体をご自宅に安置した場合でも、お坊さんが遠方の場合も多く、すぐに来れないのです。

 

ですので、ご遺体安置後の枕経は省略して、お通夜の時に一緒に行われ事もあるようです。

 

枕経ができない

また、枕経ができない、というご遺体安置施設も多くあります。

 

ご遺体安置施設も、同時に複数のご遺体を安置しております。

 

ある意味、みなさんの共用の施設です。

 

ですので、枕経をお唱えするとなると、まわりにご迷惑をお掛けする場合もあり、難しくなっているのです。

 

ご遺体安置施設も数多くあるわけでもなく、共用という考え方から、致し方ないというのが現実です。

 

(Visited 27 times, 1 visits today)

Sponsord Link