東京から福岡!

ご遺体搬送!

長距離/遠方/県外!

料金

Sponsord Link

 

事前見積り料金はコチラへ!

 

低価格を実現した遺体搬送料金!

東京から福岡など、長距離でも低価格を実現した、ご遺体の搬送料金です。

24時間、いつでも事前見積もりが可能です。

ぜひ、ご覧ください。

 

→低価格を実現した搬送料金表

 

→事前見積もりのお問い合わせ

※メッセージ本文に、出発地と到着地のご住所を記載してください。

※市区町村など、おおよその場所でも、概算のお見積りをお出しできます。

※しつこい営業はありませんので、安心してご依頼ください。

 

弊社より安い搬送料金の会社がありましたら、ご相談ください。

できる限り安くできるように、対応いたします。

 

ご遺体搬送の流れ

まずは、ご遺体搬送の流れについて確認しておきましょう。

 

ご遺体の搬送は、基本的には死亡診断書が確定できた時点で可能となります。

死亡診断書が確定できる場所は、主に、病院や警察、高齢者施設となります。

 

ですので、死亡診断書が確定した時点で、ご遺体搬送の手配をしなければなりません。

 

ご遺体搬送が可能になると、病院や警察、高齢者施設で、以下のように質問されます。

「お決まりの葬儀社はございますか?」

「葬儀社が決まっているようでしたら、お呼びください。」

 

特に決まっている葬儀社がない場合、病院や警察からの紹介となる場合があります。

このような場合、ほとんど見積もり交渉もできないと思いますので、事前に見積もりするより、はるかに高額になる事が多いのです。

ですので事前にお見積りというのは、本当に重要なのです。

 

ご遺体搬送の依頼先

ご遺体搬送の依頼先は主に以下の2つです。

 

①葬儀社

②ご遺体の搬送専門会社

 

ご遺体の搬送料金は、各社それぞれで、けっこう異なります。

また、ご遺体の搬送は、国土交通省の資格業務となっております。

 

ご遺体の搬送専門会社は資格を取得していますが、葬儀社の場合は、資格を取得している場合と、していない場合があり、それによっても、料金がかなり異なってきます。

 

ご遺体搬送料金が高額になる場合

葬儀社に依頼する場合、葬儀社が遺体搬送の資格があるか、ないかで、かなり異なります。

 

葬儀社が遺体搬送の資格がない場合、ご遺体搬送の専門会社へ外注するわけです。

この場合、葬儀社が手数料を上乗せする場合もあり、その場合は、かなり高額になります。

 

病院や警察からの紹介の場合も高額になる場合が多いです。

そのような場合、見積もり交渉も今さら難しく、紹介された葬儀社の言い値になるわけです。

事前の見積もりより、高額になるのが当然です。

 

事前見積もりは本当に大事なのです。

→事前見積もりのお問い合わせ

 

 

 

(Visited 4 times, 1 visits today)

Sponsord Link